屋根のリフォーム

カバー工法

座間市緑ヶ丘M様邸

屋根のリフォーム工事がはじまりました。

 

カバー工法とは現状の屋根の上に新しい屋根をかぶせる工法になります。

カラーベストやコロニアルなど、平らな屋根材には施工することが可能です。

瓦屋根や凸凹の激しい屋根には採用することが出来ません。

既存の屋根をめくらずにかぶせていくことが出来るので工期が短く、

葺き替えにに比べコストパフォーマンスも良いのです。

【リフォーム前の状況】

今回使用するのは、アイジールーフ。

アイジールーフはさびに強い超高耐久ガルバを採用しています。
金属なので、ひび割れの心配もありません。

超高耐久ガルバ
めっき層は鉄板をさびから守ります。超高耐久ガルバはそのめっき層をさらに強化したもので、
従来のガルバ鋼板と比べて3倍超の寿命が期待できます。
超高耐久ガルバ
 

表面の塗料に遮熱効果があるので、屋根が高温になるのをおさえて、室内への熱の侵入を防ぎます。

実際の屋根を再現した模型に人工太陽を照射し、屋根側をサーモカメラで撮影した画像。

快適さを生む遮熱・断熱のWパワー

アイジールーフは金属板と断熱材でできており、他の材料と比べて軽く、建物への負担が小さくなります。
重さはスレート屋根の約1/4、和瓦の約1/10になります。
そのため既存の外壁材の上に、アイジールーフを重ねて施工するリフォーム(カバー工法)にも最適です。

他の材料と比べて軽い

アイジールーフを使用した場合、建物の重量も軽くなり重心も低くなるため地震時の揺れ幅が小さくなります。

地震時も安心

丈夫で長持ち、軽量で安心

外壁用の材料を使えば、外壁のカバー工法も可能です。

外装工事を際は、是非ご検討ください。

 

丸山工務店では、断熱リフォームや耐震補強工事を得意としています。

外装工事に合わせて耐震補強工事をご検討することを勧めします。

室内の温度環境を快適にしたい方、

地震が不安、耐震補強工事を検討したいという方は、

丸山工務店まで是非お問い合わせください。