性能/省エネ性

高性能住宅を目指す丸山工務店のZEH

ご存知ですか? ZEH(ゼッチ)

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。暮らしで使うエネルギーを、住宅の断熱性能などを上げてエネルギー消費量を「省エネ」により減らし、さらに太陽光発電などでエネルギーを「創エネ」でまかない、そのエネルギーの状態を「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」等を組み合わせて、暮らしで使う1年間のエネルギー消費より、創り出した再生可能エネルギーが多い、または収支をゼロにする住宅のことです。

(断熱+省エネ)-創エネ≦0(1年間の一次エネルギー消費量) 1:断熱、2:省エネ、3:創エネ

ZEHイメージ

住宅における近年のエネルギー消費量の増加には、世帯数の増加や機器使用の増加などのライフスタイルの変化が大きく影響していると考えられており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

丸山工務店が考える、未来の住まいのあり方。それは、暮らしの快適さはそのままに、省エネで環境に配慮しながら、長く住み続けられる事。2020年度からはじまる「省エネ基準適合住宅の義務化」に向け、住む人にも環境にもやさしい未来の家「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」を実現。スマートで質の高い暮らしをご提案いたします。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。

ZEHイメージ

ZEH住宅によっては省エネも様々

どの部分に重点を置いてゼロエネルギーに取り組むかで、住んでからの暮らし心地が変わってきます。

ZEH住宅によっては省エネも様々

住宅の省エネラベル

住宅にも家電のような省エネ性を判定するラベルがあります。家電における電気代や車の燃費のように、住宅の光熱費の判断基準になります。

住宅の省エネラベル

断熱性能の基準地域区分

日本は地域により気候条件が異なるので、北海道から沖縄までを8つの地域に分けて、断熱性能の基準を定めています。

断熱性能の基準地域区分地図

断熱性能の基準値

地域区分ごとのUA値の基準値です。省エネルギー基準よりさらに上のHEAT20 G1またはG2をお勧めします。

断熱性能の基準値

資料請求

丸山工務店のコンセプトブック「荒削りだけどカッコいい家づくり」、失敗しない家の建て方、などの資料をご記入された住所へ送付させていただきます。是非ご参考ご活用ください。

資料請求はこちら

家づくり資料セットの内容